女の人

病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術

適切な治療を受けるために

男の人

心療内科を選ぶ人が多い

うつ病のような症状が出ると、最初はどこの病院にかかったら良いのか迷ってしまうことがあります。よく聞く名前に精神科と心療内科がありますが、どちらかというと心療内科の方が心理的な敷居は低いようです。精神科というと重い症状がイメージされやすく、周囲の目や治療法等が気になりますが、心療内科は比較的気軽に受診する人が増えていますので初めての人は心療内科を選ぶ人が多いようです。最近では個人開業のメンタル系クリニックも増えています。人気のあるところは予約が先の方まで埋まってしまい、なかなか受診することができませんが、一度予約を取ってしまえば後は指定された日に通うだけですので受診できないということはありません。ただし、日によって待ち時間が長くなると、待っている時間を苦痛に感じるうつ病患者も多くいますので、そのような場合には症状が重い間は比較的すぐに診てもらえるクリニックを探すのも一つの方法です。うつ病はメジャーになっていますし、治療法も色々と確立されてはいますが、治療は人間対人間ですので相性の問題もあります。評判の良いクリニックが合うとは限りませんので、合うところが見つかるまで探す人も少なくありません。

精神科と心療内科の違い

心療内科では主に心身症を扱います。心身症とは身体の症状が主たる訴えであるものを指し、その人物を取り巻く環境を考慮しながら心も身体も総合的に診ていくものです。それに対し、精神科は精神疾患を専門に扱い、不安や抑うつ、不眠、イライラ、幻聴、幻覚等の心の病気を診てくれます。精神症状、精神疾患の専門医は精神科ですから、うつ病や統合失調症になったら精神科にかかるのが妥当ですが、最近では心療内科と記されているクリニックでも精神科であるケースが存在します。ですから、掲げている診療科だけから判断するのは難しくなっています。これらの事からも分かるように、心療内科は軽症の精神疾患を診る所ではありません。そのため、軽症だからと安易に心療内科を受診するのは正しくありませんが、精神科と心療内科のどちらも掲げているクリニックならどちらにしても対処できます。受診の目安としては、身体症状が主に出ているが検査をしても異常が見られない時や身体の動きに異変が現れている時、強いストレスを受けた後に調子が悪くなった時等は心療内科を選択し、不眠や不安、イライラ、抑うつ等の心の症状がメインで出ている時には精神科を受診することになります。

Copyright© 2016 病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術 All Rights Reserved.