女の人

病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術

メンタルバランスを保つ

女の人

受診を前向きに捉える

気持ちが塞ぎ込んだ状態が続いたり、人との関わりを持つことがつらいと感じるときには、精神科や心療内科を受診することで気分を落ち着かせることができます。精神科や心療内科と聞くと、昔は受診しにくい印象を持つ人が多くいました。しかしストレス社会と言われる現代では、精神科や心療内科を受診し治療を受けることを前向きに捉える人が増えています。仕事や家事に追われるなかで、誰もが少なからずストレスを感じています。そのストレスを趣味や休息で解消できているうちはうつ病になることはありませんが、睡眠や休暇が不十分な状態が続くとメンタルのバランスが崩れてしまいます。うつ病を発症する人の多くは真面目で几帳面な人であるというデータがあります。社会では信頼を得やすく評価も高いタイプの人でも、その真面目さが時としてうつ病などの症状を引き起こしてしまうのです。自分自身の性格と上手く付き合いながら仕事や家事をおこなうためにも、精神科や心療内科を受診のアドバイスや治療を受けることが大切です。そうすることで上手くバランスを取りながら自分の能力を発揮できます。症状があらわれたらそのままにせずに医師の診察を受けることが必要なのです。

躁とうつを繰り返す症状

うつ病という病気は、ストレスを感じることで不安になったり人との関わりに消極的になる傾向があります。自己否定をしてしまったり、自分自身の価値を見出せなくなってしまうのが特徴です。一般的に知られているのがこのパターンのうつ病ですが、実はほかにも双極性障害という症状があらわれる人も少なくありません。双極性障害とは、躁状態とうつ状態を波のように繰り返すことが特徴です。躁状態とは、自分なら何でもできるという前向きで元気な明るい性格の状態をいいます。その一方でうつ状態は、通常のうつ病と同じようにマイナス思考でやる気がでないという状態をいいます。この二つの精神状態が繰り返し訪れることで、本人はもちろん周囲の人もうつ病であると気づかないことが多いのです。気づかれにくいため病院への受診が遅れ、症状が重くなってしまうこともあります。双極性障害の場合、通常のうつ病の治療とは異なった治療方法が必要になります。処方される薬にも違いがあるため、医師による診断の見極めが必要です。医師のもとで治療をおこなうことで症状は改善されるため、自己判断で症状を改善しようとせずに、早めに精神科や心療内科を受診することが大切です。

Copyright© 2016 病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術 All Rights Reserved.