女の人

病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術

心の病とは

医者

ストレスが大きな原因

生活をしていく上で人は毎日様々なストレスにさらされています。そのために悩んだり、憂鬱な気分になったりすることがあります。けれどしばらくするとそんな気分も回復してきて、意欲を新たにして前向きに頑張ろうという気持ちになってくるものです。ところがうつ病の場合は、いつまでたっても落ち込んだままで前向きに頑張ろうという意欲がわいてきません。理由のない不安感にさいなまれ社会生活を送るのが困難になったりします。うつ病は原因はまだはっきりとはしていないものの、ストレスや性格環境の変化、遺伝などが影響していると考えられています。何らかの原因でうつ病が発症した場合、脳の神経の伝達物質の減少が見られることもわかっています。うつ病を発症しやすいのはストレスに弱い性質の人が多く、発散できずにため込んでしまうことで症状を悪化させてしまったりします。几帳面で、真面目、責任感が強く仕事熱心な人もうつ病を発症しやすいと言われています。特に学校や家庭、会社での人間関係や環境の変化のストレスも強く影響していると考えられています。リストラやいじめなど嫌な出来事だけでなく結婚、昇進などの出来事もきっかけになって発症することもあります。

精神的症状と肉体的症状

うつ病は、病気や投与される薬品が影響して発症することもあります。病気による痛みや慢性的な体調不良、高額な医療費の負担が心の重荷になってしまうことがあるのです。また抗がん薬やステロイドなどの薬品の副作用でうつ症状が起きる場合もあるのです。うつ病が起きている人の脳内でも通常とは違う変化が起きています。神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌が減少し、それにより意欲や幸福感などが減退してしまうのです。うつ病を発症すると精神的な症状のほかに肉体的な症状があらわれる人がいます。睡眠障害や疲労感、頭痛、肩こりなど人によって様々な症状が起こります。病気かと心配して検査を受けてもはっきりした病名がわからない場合はうつ病だと診断されることもあります。うつ病は、十分な休養で心体の両方を休ませることが一番の治療法です。また、学校や社会とは一旦距離を置くことでストレスから解放されることもあります。そのため少しでもつらいと感じたら、心療内科などにかかり医師とのカウンセリングを通して不安や悩みを打ち明けることで、症状が改善していくことも多くなっています。休みを取るのが難しい場合などは、医師に事情を説明しうつ病に有効な薬を処方してもらうことも出来ます。

Copyright© 2016 病魔の対処法知って改善しましょう|うつ病に打ち勝つ術 All Rights Reserved.